アマゾンバナーリンク

ディスプレイ広告

スポンサーリンク

【Unity】Urban Traffic System 2020の使い方【Asset】

こんにちは!ジェイです。今回は、豪華な交通システムで、車や人を自動的に動かせて、街を作るのにもってこいのアセットの紹介をします。

詳しくはこちらで解説されてます!動画を見ればわかりますが、かなり細かくリアルに人と車行き交う交通アセットだということがわかります!

Image from Gyazo

記事内広告

Urban Traffic System 2020について

まずこちらのアセットをインポートすると、Asset>UTS_PRO2020にサンプルのシーンがいくつか置かれてます。

Urban Traffic System 2020の使い方

車のプレハブの設定

このようなカーモデルがあります。

含まれているオブジェクトやコンポーネント。
・Box Colliderのダミー
・それぞれ別のパーツとしての車輪
・ホイールコライダー用のダミー

コライダーの中心がホイールモデルの中心にあることと、ホイールモデルの中心に位置することが重要です。

次に、「Car」という名前のレイヤーを選択します。

次に、ホイールのコライダを作成する必要があります。すべてのDummyを選択します。

「Wheel Collider」を追加する

すべてのホイールに以下のように設定しましょう。

次に、車のRigidBodyとスクリプトのCar Wheelsを追加する必要があります。

スクリプトにオブジェクトをアタッチします。そして、車の場合は重心が低ければ低いほど、道路の角でもマシンが安定します。

ほとんどの場合、ホイールコライダーはホイールのモデルと一致しません。

その場合は、手動で設定する必要があります。

残り2つのパラメータを設定する必要があります。

  1. Box Collider – マシンがオブジェクトを通過しないようにする必要があります。
  2. Checking Box(チェックボックス):このボックスのおかげで、他の車や人があなたの車を見ることができます。
Select Box Collider

Box Bolliderを追加します。

車体の寸法に合わせて、調整します。

CTRL + Dキーを使って、Colliderを複製し、Checking Boxを作成します。そして、名前を変更します。

そのために、箱の大きさを変えます。

最後の調整で完成です。

これで、車をプロジェクトウィンドウにドラッグして、プレハブにすることができます。

トランスポート用のパスの作り方

1.新規にシーンを作成します。
2.次に、Vehiclesを選択します。

3.パス名の欄には、任意のパス名を記入します。

そして、ポイントごとに道を作り始めます。

4.パスをループさせる必要がある場合は、「Loop path」ボタンを押します。

そして、車はぐるぐると回ります。

5.道の数を選びます。この場合は6本の道が必要です。

6.今度は道を広げて、それぞれの道が車道の中央にくるようにする必要があります。

7.Directionセクションでは、対向車の方向を選択します。

8.次に、トランスポート機能を持つプレハブをシーンに追加します。これはAssets / UTS_PRO /Models / Cars / Car prefabs / Day Cars or Night CarsとCars / Car prefabs / Day Cars or Night Carsにあります。

9.作成したパスを選択

10.鍵マークをチェックしてインスペクターの表示を固定します。

11.すべての乗り物を選択します。

12.そして、写真のように指定された場所にすべての車をアタッチします。

続いて、鍵を開ける必要があります。

13.乗り物がすべて追加されたら、「Populate!」をクリックします。

その後、シーンの中でトランスポートを見ていきます。

14.Densityパラメータは、シーン内の交通量を調整します。

15.これで、すべての車の移動速度を設定できるようになりました。なお、「Populate!」ボタンを押すまでは 、設定は更新されません。

16.この機能は、歩行者のコライダーを無視します。通常は、交差点での事故を避けるために使用するのが良いでしょう。
交差点での事故を避けるために使用したほうがよいでしょう。

17.パスを作成したが、パスを滑らかにするのに十分なポイントがない場合、この関数は、必要な場所にポイントを追加することができます。ポイントが多ければ多いほど、スムーズな搬送がスムーズになります。

18.この機能は、パスに含まれる不要なポイントを削除します。

19.このボタンは、シーン内のすべてのパスとポイントを隠すことができます。

20.このボタンは、キーボードの削除ボタンで誤ってパスのポイントを削除してしまった場合に便利です。
キーボードの削除ボタンで誤って、パスのポイントを削除してしまった場合に便利です。このボタンをクリックすると、パスが復元され、エラーが修正されます。

21.High to Spawn – 下の図のように、シーンに橋がある場合に必要なパラメータです。

また、このような橋の場合にも、非常に役に立ちます。

オーディエンスや喋る人のパスを作成する方法

1.簡単に作成できます!

2.任意の面を作成します。例として平面を作ってみました。

3.人が配置される面には、必ずコライダーが必要です。

4.今度は、人のタイプを選びます。ここでは、「Audience」を見てみましょう。

5.飛行機の上でマウスをクリックしてみてください。人がいるであろうチェックのエリアが見えます。

6.Audiencを選びます。

7.鍵をロックします。これは、一度にすべての人を追加できるようにするために必要です。

8.そして、写真のように、すべての人を指定された場所に移します。

9.そして、写真のように、すべての人を指定された場所に移します。

10.Populateボタンを押してください!

11.そして、平面上に1人の人間が見えます。

12.x,yを5にして、人数を100人にしています。

13.とても良いですね!

14.また、領域を円形にして、直径を変更することもできます。
そして、「Populate!」をクリックします。

15.円形にするとこのようになります!

16. マス目のあるエリアが不要になったら、オフにすることができます。

17.このようになります。

18.ターゲットを追加すれば、すべての人がそのターゲットを見ることになります。Populateをクリックするのを忘れないでください。

19.この様に人々はSphereに注目するようになります。

20.例えば 階段や橋など、高さの異なる面がある場合、このパラメータを使用すると、人が必要な場所に正しく配置されるようになります。

また、「Populate!」ボタを押すまでは、設定は更新されません。

歩き回る人の作り方

1.新しいシーンを作ります。

2.次に、Walking peopleを選びます。

3.パス名の欄には、任意のパス名を記入します。

そして、ポイントごとに道を作り始めます。

そして、「Finish」ボタンを押します。

4.パスをループさせる必要がある場合は、「Loop path」ボタンを押してください。

そして、人々は輪になって回ります。

5.パスの数を選ぶ

6.また、パス間の距離を変更することもできます。

7.Directionの項目では、対向者の方向を選択します。

8.ここで、人のプレハブをシーンに追加します。これはAssets / UTS_PRO /Models / People / Prefabs / People Prefabsにあります。

9.作成したパスを選択

10.ここで、一度にすべての人を追加するために、しばらくロックをオンにする必要があります。

11.すべての人を選びます。

12.そして、画像のように、すべての人をWalking Prefabsにアタッチします。

今度は、ロックを開けましょう。

13.すべての人が追加されたら、「Populate!」をクリックします。

その後、その場にいる人たちを見ていきます。

14.Densityのパラメータは、シーン内の人の量を調整します。

15.

これで、すべての人の移動速度を設定できるようになりました。。
しかし、ステップの速度は完璧に選択されているので、変更することはお勧めしません。
そして、忘れてはいけないのが、「Populate!」ボタンを押すまでは 設定は更新されません。

16.この機能を有効にすると、2つのパスが交差するときに、他のパスの人と衝突しなくなります。

17.. パスを作成したが、パスを滑らかにするのに十分なポイントがない場合、この関数は、必要な場所にポイントを追加することができます。ポイントが多ければ多いほど、人の動きが滑らかになります。

18.パスに含まれる不要なポイントを削除する機能です。

19.このボタンは、シーン内のすべてのパスとポイントを隠すことができます。

20.

このボタンは、キーボードの削除ボタンで誤ってパスのポイントを削除してしまった場合に便利です。クリックすると、パスが復元され、エラーが修正されます。

21.High to Spawn – 下の図のように、シーンに橋がある場合に必要なパラメータです。

また、このような橋の場合にも、非常に役に立ちます。

交差点に信号機を設置する

十字路を設け、歩行者や交通機関のための道を作りました。

シーンに信号機のシステムを追加します。

これが交差点のセマフォシステムです

交差点に信号機を設置する

必要な場所に信号機を設置して、画像のようにコライダーのサイズを調整してください。

これで交差点の準備が整いました。

現在、このアセットには4種類の交通信号システムが含まれています。それぞれのタイプには、それぞれのデモシーンが用意されているので、ぜひ見てみてください。

動画での説明

今までの説明はYouTubeでもされてるので、動画で見たい人は参考にするとよいでしょう。

Vehicles

Talking people

Audience

Walking People

まとめ

Urban Traffic System 2020は本格的な人や車を制御する交通アセットです!リアルな街を表現したい時には、ぜひおすすめします。

アイキャッチ画像はNoyuさんからお借りしました。

+3