アマゾンバナーリンク

ディスプレイ広告

スポンサーリンク

【2021年】最新版 Unityでオススメアセット11選【Asset】

2021年6月10日

こんにちは!ジェイです。Unityのアセットはとても便利で、使ってみるともっと早く知ってればよかった!!と思うものもたくさんあります。そんな見逃しはもったいないので、本日はすべて実際に使ってみたアセットで買ってよかったと思えるものだけを厳選して、紹介します。

なお、2021年6月8日現在アセットストアのディスカバディセール(50%オフ)期間限定のアセットもあります!

記事内広告

AI

敵キャラを作る時に経路探索やアルゴリズムを考えなければなりませんし、本格的なAIを作るとなると最も手間がかかります。そんな時にオススメなアセットを2つご紹介します。

AI Behavior

最初に紹介するのがこちらのAIアセットで最初は102.60$だったのが、無料になりました!このアセットは無料とは思えないほど高機能で、15種類のステート(状態)を様々なトリガーで変更していく仕様になっています。それでいてスクリプトを書かなくても、設定するだけで動作してくれます。

特徴としては、機能が多い分覚える事は多いのですが、高機能で多彩なアクションができるので、3Dアクションゲームで、がっつり賢いAIを作りたい時などにおすすめです。

詳しい使い方はこちらから

EasyWaypoint AI

次に紹介するのがEasyWaypoint AIです。こちらの方は、AI Behaviorと違って、4種類のパターンから行動パターンを選んで使うだけなので、初心者にも非常に簡単に使うことが出来ます。

詳しい使い方はこちらから

交通

Urban Traffic System 2020

いきなりですが、リアルな街を舞台にゲームを作りたいと思ったことはありませんか?私はGTA5が大好きで、街をうろうろして、様々な街の人がいて、細かい行動を観察して遊んだりするだけでとても楽しめます。自分で作るとなると、とんでもなく難しいだろうなぁと思っていたら、まさにそんな夢を実現してくれそうなアセットがこちらのUrban Traffic System 2020です!!この動きを見てるだけですごいと思いませんか?

Image from Gyazo

マップ作成

Blockout

次に紹介するのが、マップ作成に使うアセットBlockoutです。こちらは、無料で簡単に使えるのに、こんな感じで本格的なマップが作れます。ブロックでパーツを1つ1つ組み立てていくのが好きな人は、特にこのアセットでマップを作るのをおすすめします。詳しい使い方はこちらから。

Primitives Pro

Primitives Proは、Unityにデフォルトで使える基本図形のパワーアップバージョンといえばわかりやすいと思います。基本図形の形を変形させる機能が盛りだくさんです!しかもBlockoutと相性もよく同時に使うと、更にマップ作成がはかどるでしょう。

TileWorldCreator

今まで紹介したマップ作成用のアセットは、自作するのが基本でした。しかし、それもめんどくさい!!自動的にマップを生成してくれないかな?という方におすすめのアセットがこちらのTileWorldCreatorです。

作業効率化ツール

uContext Pro

こちらは地味ですが、インスペクターやヒエラルキーなどの使い勝手をよくしてくれるアセットで、使い始めたら便利で癖になります!特にシーン上で右クリックでその場でメニューを選べる機能がかなり使いやすいです。

Usage Finder

Unityを使っていて、Prefab化したアセットの参照がわからなくなる事はよくありますよね?そんな時に一瞬で調べる事ができるのが、Usage Finderです!これがあれば、必要のないアセットがすぐにわかります。

Damage Numbers Pro

こちらは対戦ゲームなどで、使えるダメージや回復などの数字をポップアップして出してくれるアセットです。説明を見ていただけるとわかりますが、追従やフェードなど、立派な数字演出のエフェクトです!

Easy Downloader and Uploader

これは今現在、オンラインゲーム開発をしていて、VRMファイルを読み込むところまでは上手くいきました。ただし、そのファイルを共有するには、ダウンロード&アップロードの機能が必要で、作るか非常に迷っていたところ見つけた救世主です!

ファイルを純粋にダウンロード&アップロードを補助するアセットはこれしかないので、オンラインゲーム開発でVRMを使おうと思った私の様な人にはうってつけのアセットです。

Starter Assets – First Person Character ControllerとThird Person Character Controller

なんと2021年6月9日にUnity公式から新しくFPSやTPSのテンプレート用のアセットが登場しました!無料のアセットなのに、新しい技術で作られていて、クオリティも高いです。新しい技術を勉強するという意味でも、一度触っておくのをおすすめします。

まとめ

今まで記事で紹介してきたアセットをまとめてみました。どれも実際に使って見て、便利だと思ったものばかりなので、少しでもゲーム開発を楽に楽しみたい人は使ってみていただければ幸いです。

アイコンは黎(クロイ)さんからお借りしました。

+2