アマゾンバナーリンク

ディスプレイ広告

スポンサーリンク

【Unity】アセットの参照/依存を簡単に見つけてくれるAsset Usage Finderの紹介【Asset】

こんにちは!ジェイです。みなさんはゲーム開発が長くなって、大量のアセットの参照がわからなくて困ったことはありませんか?そんな時に簡単にアセット同士の参照/依存を見つけてくれるAsset Usage Finderの紹介をします。

記事内広告

特徴

✔ Nested PrefabとPrefab Variantsを含むUnity 2018.4+のフルサポート。
AnimatorControllerのステートの使用方法を検索します。
✔ すべてのタイプのアセットの使用状況を検索できます。スクリプト、シェーダー、シーン、マテリアル、スプライト、プレハブ、フォント、テクスチャ、サウンド…。
✔ 使用方法を検索します。プリファブ、シーン、アトラス、マテリアルなど。
✔ 参照しているアセットの置き換え
同じウィンドウで他の用途を検索し、簡単に戻ることができます。
キャッシュ機能により、検索速度が最大 20 倍になります。
ソースコード付き
ネイティブ Unity エディタ UI – ダーク/ライト スタイルのサポート
NodeCanvas、Mecanim、uGUIで動作します。

使い方

まず初めに参照を調べたいオブジェクトを右クリックして、Find Usages in Scene & Stageを選択します。

その後下の様な画面が現れるので、参照するシーンのプレハブなどが表示されます。

このアセットは消してもいいんだっけ?と迷うような時には簡単に参照を見つけられるので、ぜひ使いたいですね!

アイコンは、はとまめさんからお借りしました。

https://twitter.com/pero_pepo_/status/1309769586116456448
+4