アマゾンバナーリンク

ディスプレイ広告

スポンサーリンク

【Unity】バージョンアップした時によく起きるエラーの解決方法【error CS0246】

最新のバージョンにUnityをアップデートするとたまにcs0246エラーがでます。これは新規スクリプトの作成した時にもたまに起きます。

解決方法を結論からいうとAssembly-CSharp関連の「.csproj」をすべて消して、Unityエディタ上でOpenC#Projectで開き直すと直ります。

記事内広告

エラー例

こんな感じでメッセージがでて、Unity側ではエラーが出てないのにインテリセンスも効かない状態になってしまいます。

環境はUnity2020.3.5f1でVisualStudio2019です。この状態になると、UnityEngineやUnityEditorのハイライトなどやコメントも表示されなくなります。

何度回も発生してその度にダウンロードをしなおしたり、リビルドやクリーンや再起動などを行っても治ったり治らなかったり割と謎の減少でした。もちろんUnityエディタにはエラーが出ないので、普通に実行できるのですが、開発を続ける上でこの状態は非常に不便です。

対処法

最初に伝えた通りで、Assembly-CSharp関連の「.csproj」をすべて消して、Unityエディタ上でOpenC#Projectで開き直すと直ります。

これでVisualStudio起動後に、プロジェクトファイルが作り直されます。これでエラーが解消されますし、インテリセンスもばっちり効くようになります。

CS0246のエラー自体は名前空間の名前が見つからないということなのですが、正直UnityEngineが見つからなくなるのは謎ですが、この方法を使うようになってから一発でなおるようになったので、覚えておいたほうが良さそうです。

アイコンはmiluさんからお借りしました。

+2