アマゾンバナーリンク

UnityとC#超入門書

2020年6月8日

こんにちは!ジェイです。みなさんゲーム制作ははかどってますか?今回はUnityとC#の勉強をする上で、個人的におすすめの本を紹介しようと思います。基本的に超初心者向けに紹介するので、中級車以降の人にはものたりないかもしれません。

C#超入門

まずプログラミングすらまったくしたことがない、という人におすすめの本を紹介します。

こちらの本は、プログラミングの基本である、変数、関数、クラス、などの一番大事な概念を絵が多く、初心者でもわかるようにイメージでとらえられるように説明されてます。もし1冊目に買うのであれば、この本が一番よいです!

2冊目におすすめなのが、あの有名な独習シリーズです。独習シリーズには同じ言語でも種類があるのですが、C#に関しては以下の物をおすすめします。

こちらの書籍はとてもボリュームがあり、ラムダ式やLINQなどの新しい書き方やdynamic型など、C#の機能を隅々まで網羅してます。またサンプルプログラムや演習問題もついているので、非常に実践的です。この本は私もいまだにお世話になってます。

Unity超入門

まずUnity触ったことのない超初心者におすすめするのが、この本です。

Unityのダウンロードから、C#の基本、実際にゲーム制作、実機でテストの一通りすべて網羅しているおすすめの書籍です。著者の大槻有一郎さんは、他の言語でもたくさんゲーム制作の本を出しており、何冊もお世話になりました。

どれか一冊だけで済まそうと思ったら、こちらがおすすめです。逆に一つに特化したことが知りたいのであれば、違う専門的な本を選ぶといいでしょう。

次におすすめなのがこちらの本です。こちらもUnityのインストールから始まり、PrefabやUIの使い方、当たり判定、アニメーションなどの情報が網羅されてます。

C#とUnityの本を一冊ずつ持っておくと、知識の幅が増え応用で様々なゲームが作れるようになります。これからUnityを使ってみたいと思ってる、初心者のそこのあなた!手元に一冊あると役に立つこと間違いなしです!