アマゾンバナーリンク

タイピング練習ソフト J-TypeMK-2

自作タイピングソフトJ-TypeMk-2について。
前に動画でJ-TypeMk-2の使い方について説明しました。
ダウンロードはこちらから。

J-TypeMk-2.exeを開くと以下の画面が表示されます。

初期画面

開くを選択すると打ちたいワードが入ってるワードファイルの選択画面になります。

  • 入力方式は、ローマ字かかな入力を選びます。
  • ScrollBaseKはかな文字の表示のスクロールの中心となる文字位置
  • ScrollBaseVは漢字などの表示文字のスクロールの中心となる文字位置
  • ScrollBaseEはローマ字文字の表示文字のスクロールの中心となる文字位置
  • ChartScrollBaseはチャート図のスクロールの中心となる文字位置
  • ScrollDispMaxKはこの数字以上かな文字数がある文章のみスクロールする
  • ScrollDispMaxVはこの数字以上の漢字の文字数がある文章のみスクロールする
  • ScrollDispMaxEはこの数字以上ローマ字の文字数がある文章のみスクロールする
  • ChartScrollMaxはこの数字以上の文字数がある時にチャートをスクロールする

ローマ字入力時のみ右の表示オプションを設定することができます。
あくまで表示文字を変えるだけのオプションなのでローマ字の打ち分けできる種類は変わりません。(拗音単体入力無効以外)
拗音単体入力無効は チェックをいれると「キャ」「ショ」 などを一文字ずつ打つような打ち方を禁止します。

基礎モードとはミスがなくて、指定したKPM以上の速度で打てるまで何度も練習するモードです。

基礎モード

表示部分の説明

  • 1/47は全部で47ワード中の1ワード目という意味
  • kpmは現在打ったワードの1分当たりの打鍵数
  • secは1ワードを打ち切った秒数
  • missはミスした回数
  • 47はワード総数
  • bestは今までのkpmの中で最高記録
  • keyは打鍵数
  • tryはそのワードを打った回数

設定の説明

目標kpmは最高のkpmの指定した%もしくはkpm以上出せた場合は次のワードに行くという条件を指定できます。★はフィルターでチェックを付けたワードだけ表示させることができます。

初速モード

初速モードは一定のワードを順番もしくは、ランダムで打ち切るモードです。

表示部分の説明

  • 1/15は15ワード中1ワード目という意味
  • kpmは1分当たりの打鍵数
  • secは初速(打ち始めるまでの秒数)
  • rkpmは初速を除いたkpm
  • keyはこのワードの打鍵数
  • missはミスした回数
  • bkpmは今までこのワードでだした最高のkpm
  • tryはこのワードを打った回数
  • akeyはすべてのワードの打鍵数

設定の説明

  • ミスの制限
  • 出題されるワード数
  • スタートするまでの待ち時間
  • ランダムにチェックいれるとランダム、入れないと順番
  • ★マークはフィルターでチェックしたワードのみ出題される

編集の仕方

ワードファイルを読み込んだ後にワード編集を選ぶとワードの追加、編集ができます。

Viewに漢字文字を入力、Inputにかな文字を入力します。

  • Viewに漢字文字を入力
  • ひらがな変換をクリック
  • 漢字の文字とひらがな文字の文字数を合わせて[]変換をクリック
  • 間違ったら[]変換戻るをクリック
  • 上記の手順が済んだら追加をクリック

この時に注意してほしいのが、キャンセルや×ボタンでウィンドウを閉じてしまうと追加できません。

ViewとInputについての詳細

漢字の文章とひらがなの文章の2行がセットで1つの問題文になります。
漢字の文章に対して、ひらがなの文章は文字数分だけ[]が囲います。

環境汚染対策特別マニュアル
[かん][きょう]お[せん][たい][さく][とく][べつ]まにゅある

1文字目の「環」という漢字はひらがなで2文字なので、ひらがなの文章では2文字囲い [かん] となります。
2文字目の「境」という漢字はひらがなで3文字なので、ひらがなの文章では3文字囲い [きょう] となります。
3文字目の「汚」という漢字はひらがなで1文字なので、ひらがなの文章を囲う必要はありません。
4文字目の「染」という漢字はひらがなで2文字なので、ひらがなの文章では2文字囲い [せん] となります。

  • ランダムシャッフルをクリックするとワードがランダムにシャッフルされる
  • ★の数を+1や-1で調整できる
  • 選んだワードをマージをクリックするとそのワードを前のワードに結合することができる
  • 削除で選んだワードを削除
  • TryR SortをクリックするたびにTryRの回数を基準に昇順と降順にソートできる
  • TryK SortをクリックするたびにTryKの回数を基準に昇順と降順にソートできる