アマゾンバナーリンク

ディスプレイ広告

スポンサーリンク

Photon PUN2 バージョン2.30(最新)

PhotonPUN2の更新の記録です。

記事内広告

原文

リリース日:2021年4月14日v2.30 (13. April 2021) Changed: When the PhotonView.ControllerActorNumber should be set to 0, it now sets the backing field to the Master Client’s actorNumber instead. This prevents misunderstandings when updates are sent with the Master Client’s actual actorNumber Changed: Setting the PhotonView.ControllerActorNumber will now refresh the Controller in all cases. This makes sure that (e.g.) scene objects get a Controller value OnJoinedRoom (they might exist before a room is joined). Updated: EventSystemSpawner to log an error and pause the execution, if only the new input system is being used. The PUN demos are not compatible with it unless you set Active Input Handling to “Both". Note: Only the PUN demos are incompatible with the new input system. PUN itself is not affected. As the demos are in separate folders, you can easily delete all of them and use the new input system in your project. Updated: Realtime API to 4.1.5.4, preventing several error cases.

リリース日:2018年8月25日

日本語

変更:PhotonView.ControllerActorNumberを0に設定する必要がある場合、代わりにバッキングフィールドをマスタークライアントのactorNumberに設定するようになりました。これにより、更新がマスタークライアントの実際のactorNumberで送信されるときの誤解を防ぐことができます。

変更:PhotonView.ControllerActorNumberを設定すると、すべての場合にコントローラーが更新されるようになりました。これにより、(たとえば)シーンオブジェクトがコントローラー値OnJoinedRoomを取得するようになります(部屋が結合される前に存在する可能性があります)。

更新:新しい入力システムのみが使用されている場合、エラーをログに記録して実行を一時停止するEventSystemSpawner。 Active Input Handlingを「Both」に設定しない限り、PUNデモはそれと互換性がありません。
注:PUNデモのみが新しい入力システムと互換性がありません。 PUN自体は影響を受けません。デモは別々のフォルダーにあるため、すべてのデモを簡単に削除して、プロジェクトで新しい入力システムを使用できます。更新:リアルタイムAPIを4.1.5.4に更新し、いくつかのエラーケースを防止しました。レシーブ
+1