アマゾンバナーリンク

ディスプレイ広告

スポンサーリンク

UnityのプロジェクトをGitHub for Unityで簡単にバックアップする方法

こんにちは!ジェイです。みなさんはUnityで開発中にきちんとバックアップをとってますか?バックアップがあれば、何か不具合があった時にすぐに元の状態に戻せて安心です。

今回はそんな悩みを解決すべくGitHub for Unityの使い方の解説をします。なお初心者を対象にするためブランチ等の機能は解説しません。

記事内広告

GitHub for Unityを使う準備する

GitHub for Unityをダウンロード

最初にこちらからGitHub for Unityをダウンロードしましょう。

プロジェクトにインポートして追加

初期設定

window→GitHubから、GitGub for Unityを開きます。

次にSettingを選び、NameとEmail欄を設定してください。これは適当でも大丈夫ですが、公開するなら、正しい情報を入力した方がよいです。

プロジェクトをGit管理下に置く

Initializeのタブを開いて、Initialize a git repository for this projectのボタンを押します。

このボタンを押すと初期設定が実行されて、プロジェクトでGitが使えるようになります。

バックアップをとる

  1. Changeタブを開き、その下のAllを押す
  2. すべてのファイルにチェックがついているのを確認する
  3. 更に下にあるCommit summaryにこのコミットにつける名前を入力する
  4. その下にあるCommit descriptionにこのコミットでやった作業の詳細を入力する
  5. すべて入力できたら、右下のCommit to [master]を押す

Commit summaryとCommit descriptionは自分がわかるようにつければ大丈夫です。

コミットに成功したら、Historyタブにコミットが追加されてます。

準備は以上です。

使い方

現在のプロジェクトのバックアップをとる

今までの作業をした状態でプロジェクトを操作すると、Projectビューにマークが付きます。

これは「まだバックアップ(コミット)されていない状態のファイル」という意味です。

差分の出ているファイルにマークが付きます。

バックアップを取る時は先程と同じく次の手順を行います。

  1. changeタブを開く
  2. 上の方にあるRefreshボタンを押す
  3. このコミットへ含めたいファイルにチェックを入れる
  4. summaryとdescriptionを入力する
  5. Commit to [master]

正しくコミットできたら、Historyタブにコミットが追加されます。これできちんとバックアップの作業ができました!

直前の状態のバックアップへ戻す

Discardを選ぶと削除したファイルは復活し、変更したファイルは以前の状態に戻ります。

注意点は、Discardで巻き戻した設定をまた元に戻すことができない事です。直前に戻す前にコミットしてバックアップをとっておけば、安心に戻すことができます。

コミットしたバックアップをなかったことにする

バックアップをしてものの、ミスしてしまったためバックアップ自体をなかった事にしたい場合は以下のようにします。

  1. Historyタブを開く
  2. なかったことにしたいコミットの履歴を右クリック
  3. Revertを押す

Revertするとそのコミットの逆の操作をしたコミットが生成され、前回のバックアップを擬似的になかったことにできます。

まとめ

GitHub for Unityを使えば、「バックアップする」「以前の状態に戻す」というのが簡単にできるようになります。

ただGitHub for Unityでは必要最低限の機能しかないので、複数人で同時にプロジェクトを操作したい時などは、Git ofr windowsを導入すると良いでしょう。

アイコンは前回に引き続き地球人みたいさんにお借りしました。

+4