アマゾンバナーリンク

ゲーム業界を目指すみなさんへ

ゲーム業界いと聞くとどのようなイメージを持っているでしょうか?
芸術家のようなクリエイティブなイメージを持つ人も多いとお思いますが、実際はどの様な仕事なのかというのを現役ゲームプログラマーの筆者が説明します。

ゲーム会社の種類

大きく分けてパブリッシャーとデベロッパーと2つに分かれてます。

パブリッシャー

ブリッシャーは主に販売をする会社のことです。
任天堂、スクウェア・エニックス、セガ、コナミなどがこれにあたります。

デベロッパー

ゲームの開発する会社

パブリッシャーの方が認知度が高いです。

仕事内容について

パブリッシャーの仕事

  • 企画
  • 宣伝
  • 販売
  • 流通

以上が主な仕事で、大手のパブリッシャーでは開発業務も含んでいる会社もあります。

デベロッパーの仕事

  • ライブラリ開発
  • フレームワーク開発
  • デバッグ

それと他にもパチンコやスロットのアニメーションの組み込みを請け負っているディベロッパーなどもあります。 大きい会社では、それぞれ下請けがあって、分かれていることも多いです。

まずは目標ををはっきりさせる

もし、企画や宣伝などをやりたいならゲームプランナー、3Dモデルの制作がしたいならゲームデザイナー、開発がしたいならゲームプログラマーと自分がやりたい事をはっきり決めた方が有利です。

筆者はゲーム専門学校を卒業して、そのまま流れでゲーム会社に就職しましたが、適当なディベロッパーに就職して、ゲームの開発をしたかったのに、いつまで経ってもゲーム開発に携われない状況でした。
そうならないためにも、ゲームの開発がしたいのか?ライブラリの開発がしたいのか?
少なくとも就職活動を始める前に目標を決めておいた方が賢明です。

ゲームプログラマーに必要なスキルについて

ゲーム開発するには、プログラミング言語を習得する必要があります。
コンシューマゲームではC++ソーシャルゲームではC#で開発することが多いです。
それに加えて数学や物理の知識も必要になります。

何を学べはいいのか?

ただ、必要があるとはいえ、いきなりC++を勉強するのはおすすめできません。
理由としては、学習コストが非常に高い上に使わない機能がたくさんあるので、本格的な3Dゲームを開発しようとするとかなりの熟練度を要します。ただし、一度習得してしまえば、CPUやメモリの動作などを理解できるようになるメリットも存在します。

効率的な学習方法

個人的に良い手順と思うのは、C#をいきなり学んでしまうのが良いと思います。
C#ならUnityなどのゲームエンジンに対応していて、そこまで難しい知識がなくても、本格的なゲーム開発を行うこともできます。特に個人ではアセットストアがあるので、素材は事前に用意して、プログラミングだけに集中することができます。

資格について

正直な話、ゲームプログラマーになりたいなら資格よりも、実際にゲームを作って成果物を提出した方が、効果があります。 例えば、専門学校などに通えば東京ゲームショウに出展する機会などもあるので、そういった機会に成果物を作っておくことが非常に大事だと思います。他にも個人やるなら、ゲーム制作のサイトやブログの運営をアピールするのもありです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ゲームプログラマーになるには未経験でいきなり企業に就職するのはなかなか大変なことだと思いますが、そういった事例は割とあります。今は学習する手段がたくさんあるので、独学でも不可能ではないですし、お金に余裕があれば専門学校に通うのもまだまだありだと思います。一番重要なのは、はっきりと目標を決めて、成果物を作るということです。