アマゾンバナーリンク

ディスプレイ広告

スポンサーリンク

プログラミングが難しいと感じる理由とプログラミング学習の本質についての解説

こんにちは!ジェイです。みなさんはプログラミングが難しそうと思ったことありますよね?Twitterでアンケートをとってみた結果が以下のようになりました。

経験者でさえ難しいと思う人が55.2%もいるので、特に初心者の方からすれば、なんでこんな文字列が並んでるだけで、こんな結果が実行されるんだろうと思うでしょう。

この記事を読むと実はプログラミングが難しいと感じる程は、難しくないという事を理解できます。

記事内広告

プログラミング環境を構築するのが難しい

私の場合は、専門学校に通っていたので、わからないところがあっても、先生に聞けば教えてもらえたので、そこまでつまづきませんでしたが、プログラミング教室で教えた経験から、独学では開発環境を整えることも難しい要因であるようです。

これについては、現在は動画でインストールから設定まで説明しているコンテンツがあるので、初心者はそれらを参考にして開発環境を整えるとよいでしょう。

たくさんの言語がある

プログラミング言語といっても、C++,C#,Java,Ruby,PHP,Pythonなど沢山の言語があります。まずこれらの言語のどれを使うか決めるのが、初心者にはわかりずらいでしょう。

しかし、これは目的を先に決める事によって、以下の用に簡単に選ぶことができます。

  • Webサイトを作りたい場合は、「HTML/CSS
  • 人工知能を作りたい場合は、「Python
  • Webアプリを作りたい場合は、「Java

エラーの意味がわからない

プログラミングでは、1文字でも間違っているとエラーがでます。最近は修正する候補など出てきて、少しは楽になりましたが、初心者の人には修正するのは難しいでしょう。

エラーを修正する時のコツとしては、検索するときに、開発環境とエラーコードを具体的に入力するということです。

最初はよくわからなくても、慣れればエラー名を見るだけでどんな内容のエラーか経験でわかるようになります。

覚えることが多そう

プログラミングを初めて見たときには、こんなの覚えるの無理・・と初めは絶望する事もあります。実際に私も何度も挫折しました。

しかし、これもまったく暗記する必要はありません!その言語の概念をイメージで捉えられて、文法を覚えていればOKです。なぜならば、「単語は覚えてなくても、リファレンスで調べながらコードを読めるが、文法がわかないと調べることさえできない」からです。

プログラミングの習得の本質

結論からいうとプログラミング習得の本質は概念の習得です。

上記で書いたことは、実はそこまで問題でなく、経験を積むことによって、必要な情報といらない情報が取捨選択ができるようになります。そして、この概念の習得方法については、以下の記事で効率の良い習得方法を解説してます。

そして、この概念を一度習得してしまえば、次に他の言語を覚えるときには楽に覚えられます。例えばC++を覚えていたとして、C#をこれから覚えようとした場合に、変数や関数の概念はわかっているので、宣言や初期化の仕方の違いを覚えるだけです。

つまりプログラミングの概念を1つの言語をマスターすれば、後はインターフェースの違いを覚えるだけなので、短時間で習得するのが可能です。

逆にいうと概念がまったく違う要素があるプログラミングをする時には、プログラミング経験があっても修得するのに時間がかかります。

例えば、オンラインゲーム制作は他のプログラミングにはない所有権などの概念があるので、オフラインのゲーム制作ができたとしても、新しい概念なので、その時は経験者でも非常に難しいです。

結論 概念をイメージで捉えよう

概念の習得には時間がかかりますが、今は動画などのコンテンツがあるので、初心者にはイメージで捉える勉強方法がおすすめです。逆に概念は習得していて、慣れている場合は情報の取捨選択ができるので、テキストの方が効率よく勉強できます。

そして、更にいうと動画のプログラミングコンテンツを作る時には、ソースコードを見せるだけでなく、超初心者向けで絵や図などを使いわかりやすさを重視すると良い動画コンテンツになるでしょう。

逆にわかってる人にとっては、リファレンスがあればどんどん進めていけるので、テキスト中心でソースコードをガンガン載せていくようなコンテンツが理想です。

プログラミングは確かに難しい事も、もちろんありますが、普通にwebサイトを作ったり、ゲーム制作をする分には、最初は大変かもしれませんが、初心者が思ってる程は難しくはないです!なので、プログラミングを勉強しようか迷っている人は、まず作りたい物決めて適切な言語を選び、概念を習得し、実際に手を動かして、覚えていきましょう!あなたなら必ずできます!