GoogleAdsence

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

前回でゲームの骨格は完成したので、今回はボムを作っていきます。

ボムに必要な処理ボムキーを押すとボムを生成
画像の読み込み
縦線と横線の計算と描画
キャラの計算と描画
後ろから前に来る弾の計算と描画 ...

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

今回でスクリプトでBGMの再生とフェードアウトやボスの生成、ボスの物理移動の計算、HPゲージと当たり判定、敵の種類、ボスの弾幕の追加など、今までに比べるとかなりの量の追加になります。
ただこれでゲームの最低限の機能は実装できた ...

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

前回スコアボードの表示の追加までやりました。ここでボスの追加して一通りのゲームを作ろう!!!って思ったのですが、オプション機能を追加するのを忘れてたので、今回それらをやります。

オプション画像の読み込み

まずはいつも通り画像 ...

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

前回に背景のスクロールとエフェクト処理を追加して、だいぶゲームらしくなってきました。今回はスコア表示をさせてみます。

スコア用画像の読み込み

いつも通りですが、画像を読み込みましょう。

public uint;publ ...

C#, DXライブラリ, プログラミング講座

あけましておめでとうございます!みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私は年末年始もいつもと変わらず引きこもってゲーム制作です。
前回はlistのバッファを作り、自キャラがやられた時に復活する処理を追加しました。

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

前回はコマンドパターンを使って、ファイルから敵データを読み込んだり、待機時間を指定するイベントの発生する処理を実装しました。今回はプレイヤーが被弾して、やられた後に復活する処理を追加しましょう。

Listのバッファを用意する

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

こんにちは!ジェイです。前回は敵に弾幕を生成するクラスを別に持たせることによって、敵の移動処理と別々に分けられるように設計しました。今回はテキストファイルから、敵の出現データと発射する弾幕を指定できるようにしましょう。

コマンド ...

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

こんにちは!ジェイです。前回は、敵のショットと自キャラとの当たり判定とやられた時の処理まで追加しました。今回は敵の制御と弾幕生成の仕様について考えてみます。

当たり判定を設定しやすいように

その前に、当たり判定をしやすいよう ...

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

前回、自キャラのショットと敵との当たり判定追加までやりました。
今回と同じ様にで敵のショットと自キャラとの当たり判定とやられた時の処理まで追加します。

敵にショットを打たせる

敵ショット用のCBulletクラスを追加 ...

C#, DXライブラリ, シューティングゲーム制作

自キャラのショットの追加

こんにちは!ジェイです。前回スコアボードと敵の出現までやったので、今回は自キャラのショットと敵との当たり判定をつけていきましょう。

CShotクラスの定義

自機のショットを制御するクラスCShotをC ...